カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

「酸ヶ湯千人風呂」

酸ヶ湯(すかゆ)は青森県青森市(旧国陸奥国)南部にある八甲田山系の火山起源の温泉。三百年も昔から開かれていた山の温泉宿で、標高約九百メートルの清涼な高地にあります。酸ヶ湯(すかゆ)の名前の通り、湯は強い酸性となっています。名前の「すかゆ」は鹿湯(しかゆ)から変化したものです。
千人風呂青森ひば

八甲田山中の一軒宿ですが、豊富な湯量と各種効能から宿泊客が多く、宿の規模も大きいです。またその効能から湯治客も多く、一般客向け以外にも長期の湯治用宿泊棟が設けられています。

ここでの名物は何と言っても「千人風呂」(約80坪)です。この体育館のような巨大な建物と、大きな浴槽に「青森ひば」が使われています。大浴場は初めて見る者を驚かせます。全体で160畳もの浴室には、熱の湯、冷の湯、四分六分の湯、湯滝など5つの浴槽があります。

脱衣所は男女別ですが中は混浴。ただしまったくの混浴というわけではなく、大浴槽は中央半分に目印があり、そこで男女が区切られています。

温泉のお湯、酸の成分、建物内の湿気、・・長年にわたり木には最も条件が良くない環境の中で頑強である酸ヶ湯の木造温泉施設は、「青森ひば」の持つ自然の力の証となっています。
青森ひば千人風呂

皆様も機会があればぜひ名物の千人風呂へ。今は男女別の時間帯もあるようです。

参考資料:ウイキペディア/酸ヶ湯ホームページ


青森ヒバ・風呂用品